ナノバブルとは

ナノバブル(超微細気泡)とは

超微細気泡とは文字通り小さな気泡を意味し、どの位小さい気泡を超微細気泡と呼ぶべきか日本混相流学会においても様々な意見に分かれています。
しかし物理的な現象から分類するとおおよそ50ミクロン以下が適当だと思われます。
50ミクロン以下の気泡は気液界面のイオンの力により収縮します。収縮することで気液界面のイオン濃度は高められ、また内部の圧力と温度は上昇し様々な現象を引き起こすのです。
我々はその様々な現象を利用し多くの可能性に取り組みたいと考えています。

ナノバブルの発生経緯

超微細気泡の歴史

微細気泡研究の歴史は意外と長いです。1800年代の終わりに近い1894年、イギリス海軍が初めて高速魚雷艇をテストしていた時のこと。魚雷艇のプロペラが激しく振動し、その表面が激しく腐食することを見出しました。
この時に、回転するプロペラの表面に多数の泡が形成されるのを目撃しました。原因はこの泡の生成と消滅に関係があるのではないかと仮説を立てました。プロペラを大きくしたり、回転数を減らしたりするとこの泡形成(cavitation)の問題が軽減されました。しかし、魚雷艇はスピードが命、しかし、スピードを上げると致命的になるというジレンマに陥っていたのです。ここで、英国海軍は時の古典物理学の神様、レイリー卿(本名はJohn William Strutt)にことの究明を依頼しました。卿は形成した泡(マイクロバブル)がプロペラ表面で爆縮(Collapse)する際に、激しい乱流、高熱、さらに高圧力も発生することを見出しました。モデルを作って計算した(Rayleigh-Plesset Eq.)ところ、温度が一万度、圧力が一万気圧という結果を得ました。科学研究の発端は常に現実味を帯び、しかも必要性に駆られています。
因みに、このとき、やかんの湯が沸騰する直前に発する雑音はこのマイクロバブルが弾けることによる超音波であると指摘しています。

ナノバブルの歴史と超音波

超微細気泡を作る6つの方法

1.旋回液流式

2.加圧溶解式

3.エゼクター式

4.ベンチュリ式

5.混合蒸気直接接触凝集式

6.超音波振動

世界初7つ目の新方法

あらゆる液体で使用可能

ナノバブルの新・発生方式、超微細孔式ナノレベルの微細孔より気相を噴出させ、更に微細孔境界に液流を与えることで気相が微細に切断され、超微細気泡を発生させることができます。

超微細孔式を用いた弊社の超微細気泡発生装置の優位性について

弊社が世界で唯一作り上げた超微細孔式超微細気泡発生装置はもっともエネルギーを使わずに穏やかに気泡を発生します。
泡を作る為に必要な気相の圧力は液相との差圧で0.1Mpa
泡を作る為に必要な液相の流速は1m/sec
同じ量の空気を液中に溶かすネルギーは、通常曝気の1/200旋回液流式の1/20

超微細気泡は医療分野に新たな可能性を秘めています。ナノバブル発生装置の優位性

弊社製品は既に幾つかの特許を申請しています。他の製品に比べて圧倒的な優位性を有しています。世界中の人々が地球環境の中で共存繁栄出来るような社会を、この技術は提供します。
多くの研究者と共に新たな原野を切り開いて確かな技術として情報を発信して行きたいと思います。

優れた経済性

弊社の微細孔式のナノバブル発生方法は大きなエネルギーを必要とせず わずかな動力でナノバブルを発生します。


システムの安定性

超微細孔式ナノバブル発生方法はシステムがシンプルでバイオフィルムにも犯されにくい堅牢なシステムです。他社の方式ではバイオフィルムやコンタミンンによるトラブルが発生しますが弊社の方式はメンテナンス期間も長く安定してナノバブルを生成し続けます。


あらゆる液体で使用可能

焼成セラミック使用により対薬品性に優れています、またスラッジなどの多い液体や粘度のある液体、汚水等にも適しています。


電荷をかける事が可能

導電性セラミックスなので電荷をかけて様々なリアクションを引き起こすことが可能です、電気分解をしながらのナノバブル発生であったり、電熱を併せてのナノバブル発生など可能性は未知数です。


高周波誘導加熱が利用可能

導電性セラミックスなので高周波による誘導加熱が可能です、ナノバブルをキャリアとして新しい加熱が利用できます。


構造が最もシンプルである

超微細孔式ナノバブ発生装置はダントツに構造がシンプルであり持続性能も最も高いといえます。セラミックス+0.2Mpsの空気圧力+水流で簡単にナノバブルを得ることが可能です。


超微細気泡の様々な特性

超微細気泡には近年様々な特性が発見されました。

殺菌能力

超微細気泡は凝集し圧壊する過程で空気中の酸素を活性酸素に変化させOH-やO3等の殺菌力を持つ分子を作り出します。

殺菌能力の詳細

洗浄能力

超微細気泡の境界面に存在するイオンの力で油分を分解したり吸着することにより洗剤を使わずに洗浄能力を発揮します。

洗浄能力の詳細

生態活性化能力

超微細気泡は細胞の隅々まで行き渡り免疫力を向上させる効果が確認されています。養殖業などでは抗生物質を減らしたり完全に使わなくすることに成功しています。

生態活性化能力の詳細

成長促進能力

超微細気泡を用い育てられた魚類や甲殻類若しくは植物は通常の生育より2割から3割近く大きく育つことが確認されています。

成長促進能力の詳細

細胞保護能力

超微細気泡で養畜された牡蠣がマイナス20度で凍らせても死なずに生きていることが確認されています、これは微細気泡が凍結時の細胞のダメージから保護していると考えられています。

細胞保護能力の詳細

熱伝達能力

超微細気泡を加熱することでより早く液相の温度を上げることが出来ます、逆に気相の温度を下げることによって液相の温度を効率的に下げることも確認されています。

熱伝達能力の詳細

気化促進能力

超微細気泡を多く含んだ液体は通常より蒸発が促進される事が確認されています。この効果を利用することによって水冷式冷却塔の効率化や、蒸発分離式海水淡水化装置などが考えられます。

気化促進能力の詳細

環境浄化能力

超微細気泡は湖水、河川、海洋等の生物バランスを整え、嫌気性菌による悪臭や毒物を排除します。海のような大きなエリアでも超微細気泡は広い範囲に行き渡り長い時間効果を持続します。

環境浄化能力の詳細

ページのトップへ

本社 〒230-0071 神奈川県横浜市鶴見区駒岡3-1-16