脱臭ユニット「デオ」の寸法
 
 
脱臭ユニット「デオ」の仕様と設計の目安
 
タイプ
[型番]
外形図 紫外線発注ランプ ビーズ型光触媒
プレート
対応面積の目安
(天井高3m以下)
仕様 設置本数 消費電力 設置枚数
標準タイプ
(臭気:中〜高)
[LD−02S]
オゾンレス
冷陰極管
2本 36W 2枚 7.0u
強力タイプ
(臭気:中〜高〜)
[LD−03S]
オゾンレス
冷陰極管
3本 54W 2枚 10.0u
 
脱臭ユニット「デオ」の使用上のご注意
 

設計・工事上のご注意

@脱臭ユニットは、十分な脱臭能力を発揮するためには、最低でも300m3/h以上の
  循環風量が必要となります。
A換気扇及び脱臭ユニットは、床面から3m以下のところに取り付けてください。
B臭気の発生源に近いところに吸い込み口、人が出入りする扉側に吹き出し口が
  くるように、ユニットの配置を計画してください。
C換気扇及びユニットへのダクトの接続口径は、150mmφとしてください。
D脱臭ユニットには、換気扇と同期した紫外線ランプのための100Vの電源を
  用意してください。
E脱臭ユニットを3個以上同一系統に接続する場合や、ダクトの形状が複雑になったり、
  著しく長くなる場合には、圧力損失を考慮した換気扇の選定が必要です。

メンテナンス上のご注意

@換気扇には、所定のごみ取りフィルターを取り付けてください。
 このフィルターはこまめに埃などを除去清掃してください。
Aビーズ型光触媒プレートは、おおむね年1回の清掃が必要です。
  メーカーとのメンテナンス契約をおすすめします。
B紫外線発生ランプは、約8000時間(約1年)で交換が必要です。
  これを超えて使用すると紫外線強度が低下し、脱臭性能が十分に発揮されない
  ことがありますので、メーカーとのメンテナンス契約をおすすめします。

 メンテナンス契約については、販売店及びメーカーにお尋ねください。

 
脱臭ユニット「デオ」の設計例(トイレ)
 
 
 
 

 

Copyright (C) 2003 Anzaikantetsu CO,LTD. All rights reserved